浦和 対 f 東京。 試合結果|試合日程|FC東京オフィシャルホームページ

F 東京 対 浦和

・FC東京の前半開始の猛威 浦和ボール保持:FC東京非ボール保持についてです。 永井の1人2役のプレスのかけ方とか、大森や東の与えられたタスクは絶対完遂する守備の献身性などは、失点数の少なさを納得させられました。 前半45分、F東京はカウンターからチャンスを得た。

5
F 東京 対 浦和

左右にパスコースがあったが、オトリに使ってPA正面で左足を一閃。

8
F 東京 対 浦和

監督からは、結果を出してこいと言われ、ピッチに送り出された」 前半に失点し、追いかける立場となった 「自分としては、サイドに流れすぎず、中央で我慢して最後に決めてやるという気持ちでプレーしていた。

F 東京 対 浦和

J1 [12月2日 20:19]• なので、2連敗で間違いなくアウトです。

11
F 東京 対 浦和

僕のストロングポイントも対人守備なので、何がなんでも負けたくないなと思います」と語り、強い思いを明かしている。 後半40分にF東京の監督も動く。 押し込まれたときのラストパス的な供給は勿論怖いですが、浦和のラインが高いときの高萩から送られるダイレクトロングパスや天才的なアウトサイドでの展開などは、どうしようもない、止めることが非常に難しいです。

10
F 東京 対 浦和

敵陣でもそういうシーンはあります。

2
F 東京 対 浦和

まだまだ力が足りないということだと思う。 この試合を解説を務める水沼氏は、試合展開をこう予想している。 選手たちはよく戦ってくれた。

F 東京 対 浦和

この頃、F東京にアクシデントが起こる。 柏木、マルシオ・リシャルデスとつないだボールを最後は原口がシュートしたが、DFにブロックされる。 ボールへの反応も良かったが、みんなでつないだゴールだと思っている。

3
F 東京 対 浦和

その点においては、FC東京さんも突き抜けられていない浦和と一緒にされたくないと思います。

16