お布施 書き方。 法事のお布施の書き方|名前・金額・表書き・中袋・裏・薄墨などを解説

書き方 お布施

お坊さんに聞けなかったり、どうしたらよいか迷ったりしたら、タイプ1の水引なしのお布施袋を選んでおけば無難です。 水引は必要? ここでは 水引についてご説明します。

11
書き方 お布施

お布施袋はどこで売っている? まず、お金を入れる お布施袋がいりますよね。 神道において葬儀(通夜祭や葬場祭)、霊祭は「祭」として執り行われるため、「御祭祀料」と記載して問題ありません。

7
書き方 お布施

準備ができておらず、お坊さんが来るまでに時間がないという人や近くに丁度良いお店がないという人などに重宝されます。

13
書き方 お布施

お布施の現金を用意するところから、一定のマナーがあります。 作法2 お布施の包み方 お布施では、お金を包む特有のしきたりがあります。 お布施は白い封筒、もしくは黄色い紙や水引が付いた封筒を準備しますが、豪華さは内容によって選びます。

2
書き方 お布施

中袋が無い場合は、封筒の裏面の左側に 住所と家名(もしくは喪主の氏名)を書きます。

11
書き方 お布施

」 などが無難です。

書き方 お布施

金額の表記は、漢字の 旧字体を使うことが一般的です。 お布施の書き方はひとつだけではなく、複数存在していることを覚えておきましょう。

20