オンド マルトノ。 ハラダタカシ

マルトノ オンド

15
マルトノ オンド

ですから作曲家や演奏家といった「音楽家」だけではなく、彼らの要望に答えるため技術者や職人たちが試行錯誤を繰り返していた、という事実は忘れられてはなりません。 また、鍵盤も指先で左右上下斜め自由に揺らすことができ、好みのヴィブラートや微妙な音程をつけることが可能です。

19
マルトノ オンド

弦楽器のように、左手(音程を決める)と右手(弓で表現をつける)の組み合わせにより音を発します。 Ondomoはオンドマルトノと同様基本的に単音楽器です。

1
マルトノ オンド

日常を改めて見直す追求もあったが、社会的問題への問いかけや文明批評的な作風も散見された。 ちなみに、東京のほうにオンド・マルトノ・カフェという、オンドマルトノを展示している喫茶店があるようです。 各スピーカー出力別の音量レバーがついている。

マルトノ オンド

この楽器を用いて、秋にパリので披露演奏会が行われた。

マルトノ オンド

単音楽器で,鍵盤 けんばん 演奏のほか,鍵盤の手前にあるコードについた金属製の指輪をはめて左右にすべらせるとも奏せる。 「重要レパートリーにとって欠かせない楽器となり、現在も頻繁に演奏される」ほどの楽器であるなら、構造だけでなく音楽に関してより詳しい説明がほしいところです。

14
マルトノ オンド

日本では、(ハラダタカシ)、、、、などが知られている。

19