さもしい 意味。 「さもしい」とは?意味・読み方・英語【使い方や例文】

意味 さもしい

本来ならばそうしたさもしい人とは付き合わないのが1番なのですが、義家族だったり、親類縁者だったり、同僚だったりと自分の気持ちだけで付き合いをキッパリ断つことができない相手の場合はそうもいきません。 … 興津要『古典落語(上)』 より引用• 「さもしい」を「low-minded」「miserable」で表現することも また、心のあり方が低劣である時は「low-minded」や「base-minded」、また見た目や心の状態が見すぼらしく、誰が見ても可哀そうな状態である時は「miserable」を使います。 つまり名詞を修飾する言葉ね。

意味 さもしい

こちらは、「さもしいマネをする子供に育てた親の顔を見てみたい」というニュアンスも込められています。

意味 さもしい

義理を欠いてもお金を出し渋る• 黒いシャツに黒いパンツという服装であるが、シルエットがさりげなく流行を意識していた。

17
意味 さもしい

それをやってのけられる時点で、 普通の神経の持ち主ではないと判断すべきかも知れません。 さもしいの使い方と例文 実際にどのように使われるのか、例文をいくつか挙げてみましょう。 さもしいの語源は? さもしいの語源については、2つの説があります。

8
意味 さもしい

それゆえ、人によって対応の差が激しく、まさに手のひら返しといわんばかりのような行動をしてのけることもよくありがち。 一方の言葉が本当なら、他方はウソなのよ。 そんな金をもらって帰るようなさもしい根性をこちとら持っちゃおりませんや。

13
意味 さもしい

「ぶれる」は動詞ね。 僧侶や托鉢僧を意味する「sramana」を音写したのが「沙門」となりますが、その姿がみすぼらしく卑しく見えることから「沙門」を形容詞化し、最終的に「さもしい」に転じたという説も挙げられています。