小林 多喜 二。 小林多喜二_百度百科

二 小林 多喜

2005年夏に小樽市立小樽文学館に寄贈された拓銀の内部資料「行員の賞罰に関する書類」には、1929年11月16日付の発令で「依願解職」(諭旨)と記されている。 なお、従来いわれてきた『10月13日』は、1903年12月1日の旧暦での日付にあたる。 因為《蟹工船》透過如何被酷使的詳細描寫,還安排了漂流到蘇聯,鼓勵他們爭取平等人道對待的情節,指引漁工方向及希望,最後靠「團結」集體反抗。

9
二 小林 多喜

各地で抵抗運動が組織され、時代の鼓動は多喜二の胸を激しくうった。 在《泷子及其他》中,主人公泷子最后放火烧掉酒馆,表现了作者消灭资本主义制度的决心。

8
二 小林 多喜

他还在求学时期,就热衷于文艺创作。 这些作品以深厚的感情描写了北海道处在底层的劳动人民的悲惨生活和自发反抗,也表现了小林多喜二探求社会出路的积极愿望。 一九二四年(大正13年)北海道拓殖銀行に勤めた多喜二は、帳簿をつける合間に小説を書いていた。

14
二 小林 多喜

には築地小劇場で多喜二の労農葬が執り行われた。 この時の多喜二は、自分の思想を押し付けることもなくおとなしい様子で昔の手紙の話をされると赤面していたという。 作品中の(特高警察)によるの描写が、特高警察の憤激を買い、後に拷問死させられる引き金となった。

8
二 小林 多喜

「争われない事実」(1931年)• 6月、新進作家として注目されはじめた多喜二は、自分の作品に対する忌憚ない意見を聞かせてほしいと自著『蟹工船』と手紙を送り、直哉はプロレタリア運動意識が作品として不純になると返信している。

12
二 小林 多喜

大正から昭和にかけてのこの時期は、日本軍国主義の抬頭期であり、治安維持法(一九二五年四月)が制定された。 東京 小説家。

9
二 小林 多喜

8月、で起訴、に収容された。

10
二 小林 多喜

各地で抵抗運動が組織され、時代の鼓動は多喜二の胸を激しくうった。

15
二 小林 多喜

地下党员同志为了揭发厂方的阴谋,在工厂新闻、秘密传单上进行宣传,表达工人对厂方剥削的不满,号召工人群众反对政府的侵华战争政策,进一步提高了广大工人的阶级觉悟。 日本各地で巡回上映が行われた。

3