労働 基準 監督 署 相談。 労働基準監督署とは?業務内容や相談をするメリットを解説

署 相談 基準 監督 労働

突然、解雇された• 船橋事務所 〒273-0005 千葉県船橋市本町3-36-28 ホーメスト船橋ビル5階-A• 3-2 :トラブルの事実を証明できる証拠を集める もう一点、とても大事なポイントがあります。

12
署 相談 基準 監督 労働

その際は次に挙げるものを用意しましょう。 それと 業務内容や 就労場所もはっきりしたほうがいいです。 また双方だけでなく、 当事者から異議を申し立てることもできます。

13
署 相談 基準 監督 労働

労働基準局は全国で一箇所にしかなく、各地にある労働局、労働基準監督署の指揮・監督を行っていますが、必要に応じて違反企業の調査に立ち会ったり、法令の施行を出すこともあります。 パワハラ・セクハラ・マタハラの相談や、職場のいじめ・嫌がらせなどの相談は、他の専門の相談窓口を紹介する場合が多いですね。

8
署 相談 基準 監督 労働

)には、「定期監督」と「申告監督」があります。

17
署 相談 基準 監督 労働

現在の法制度では、労基署でこれ以上踏み込んだ対応を行うことは難しいでしょう。 雇用契約の内容と実際の労働実態に乖離がある 上記に掲げたケースについては、違法性の高いケースとなります。 上記のようなケースの場合、社内の労務管理担当者や上司にも相談しにくいことが多く、相談したことで会社に居づらくなってしまうこともあります。

9
署 相談 基準 監督 労働

会社への立ち入り調査• 電話で「相談出来る内容」と「相談出来ない内容」 労働基準監督署に電話相談をするまえに、一点だけ気をつけなければならないことがあります。

3
署 相談 基準 監督 労働

メールですので、 24時間いつでも相談可能です。

14