チアダン 本人。 学校のカイダン

本人 チアダン

そのため、誉田が推進する特サ枠のプロジェクトには反対していたが、彗を巡る事件が終息した後は退任した誉田の後を頼まれ、新校長に就任した。

本人 チアダン

プラチナ8の権力を前に途方に暮れる特サ枠の生徒たち。 日向 司(ひなた つかさ) 演 - タクトの父。 轟 治(とどろき おさむ) 演 - 広報。

19
本人 チアダン

1
本人 チアダン

油森・脇谷は2年1組生徒で、ツバメの同級生。 海外に行ったことがなくて、飛行機にも乗ったことがなくて、イッテQ!で初の海外に是非行きたいです」と熱い想いを語り、やる気十分。 オドオドした性格で、集団で自分の意見を述べることが苦手。

20
本人 チアダン

実は彗の正体と過去を知っており、自身や学園の保身のために生徒を使い捨てにする誉田の姿勢を不快に思っていた。 主題歌 - 「」()• また、時にツバメを突き放しみんなの心をつかむという計画を実行、成功させている。 そこでツバメは自らの力でスピーチをし、誉田が贖罪の気持ちを持ち続けていたことを明かして彼らを和解に導き、彗に対する自分の恋心を明かす。

15
本人 チアダン

さらにツバメはプラチナ8の策略で実質的な権力のない生徒会長の役目を押しつけられてしまう。

14
本人 チアダン

第8話では、自筆の小説で入りを果たすが、これを良く思わない金時からは誉田の計らいだったことを告げられ、自棄を起こして原稿を燃やしてボヤ騒ぎを起こしてしまい、処分を受ける。

15
本人 チアダン

大食漢でもあり、プラチナ8の特権である8食限定のステーキランチが1人前余った時に、プラチナ8には渡さず2人前を注文している。