戒告 å‡Ļ分。 「戒告」ぎ意å‘ŗとäŊŋい斚ãƒģ「戒告å‡Ļ分」ぎ内厚ãƒģã€Œč¨“å‘Šã€ã¨ãŽé•ã„

å‡Ļ分 戒告

文書で通įŸĨされればå‡Ļ分はįĩ‚äē†ã§ã™ã€‚ æ‡˛æˆ’å‡Ļåˆ†ã‚’å—ã‘ãŸåŠ´åƒč€…ãŽå¯žåŋœã¯æ§˜ã€…ですがīŧŒč˛´į¤žã¸čĻæą‚ã‚’čĒã‚ã•ã›ã‚‹ãŸã‚ãĢīŧŒæ§˜ã€…ãĒ働きかけをするäē‹ãŒå¤šã„ぎが原情です。

15
å‡Ļ分 戒告

ぞたīŧŒįļ™įļšįš„ãĢį›¸čĢ‡ãŒå‡ēæĨることãĢより厉åŋƒã—ãĻäģ–ぎæ—Ĩ常æĨ­å‹™ãĢ専åŋĩしãĻいただくことができぞす。 ぞた、それらぎį”ŗ告äŊœæĨ­ã¯ä¸ģãĢå°ąæĨ­æ™‚間内ãĢãĒされãĻおりそぎé ģåēĻからすると、それč‡ĒäŊ“ãŒčˇå‹™å°‚åŋĩįžŠå‹™é•åã§ã‚るとも判断されぞした。 åŧč­ˇåŖĢ åŧč­ˇåŖĢãĢおいãĻぎ戒告はä¸ģãĢ書éĸで通達されぞす。

å‡Ļ分 戒告

一čˆŦäŧæĨ­ã§ãŽæˆ’告垌ぎåŊąéŸŋ 一čˆŦäŧæĨ­ãŽå ´åˆãŽæ‡˛æˆ’å…čˇã¯â€ĸ äēēäē‹čŗ‡æ–™ã¨ã—ãĻはčŗžįŊ°æŦ„ãĢé€€čˇã™ã‚‹ãžã§æŽ‹ã‚‹ã“ã¨ãĢãĒりぞす。 æœŦčŖåˆ¤äž‹ãŽãƒã‚¤ãƒŗト äŧšį¤žã‹ã‚‰ã™ã‚‹ã¨ã€é›‡æ­ĸめãĢついãĻäē‰ã†ã‚ˆã†ãĢį…ŊãŖãĻいるæœŦäģļãƒĄãƒŧãƒĢ送äŋĄã¯č…šįĢ‹ãŸã—く思われるでしょう。 å…Ŧ襨ãĢついãĻも、åŸēæē–を厚めãĻいるぎが一čˆŦįš„です。

å‡Ļ分 戒告

しかしį‰šãĢč­Ļ察ãĒおぎå…Ŧå‹™å“ĄãŽå ´åˆã€ä¸€åēĻæ‡˛æˆ’å‡Ļ分を受けãĻしぞうとそぎ垌ぎå‡ē世や昇įĩĻãĢ大きãĒåŊąéŸŋを与えãĻしぞいぞす。 ぞた、å›ŖäŊ“äē¤æ¸‰ãĢはį‰šæœ‰ãŽãƒĢãƒŧãƒĢがあり、それを厈らãĒければ「 」としãĻįĩ„合からåŧˇã„非é›ŖをあãŗることãĢãĒりぞす。

1
å‡Ļ分 戒告

しかしīŧŒãŸã¨ãˆã°īŧŒãã‚‚そもčĸĢåŽŗč€…ãŒä¸ģåŧĩã™ã‚‹ãƒ‘ãƒ¯ãƒãƒŠč¨€å‹•ãŽå­˜åĻãĢついãĻīŧŒä¸Ąč€…ãŽč¨€ã„åˆ†ãŒį•°ãĒる場合もありぞす。 ã—ã‹ã‚‚ã€čˇæ­´čŠį§°ã¯æ‡˛æˆ’č§Ŗ雇ãĒおぎį†į”ąã¨ã—ãĻã¯å°ąæĨ­čĻå‰‡ãĢあげられãĻいぞした。

5
å‡Ļ分 戒告

åœčˇå‡Ļåˆ†ã‚’å—ã‘ã‚‹ã¨ã€åœčˇæœŸé–“ä¸­ã¯įĩĻ料が支払われぞせん。

2
å‡Ļ分 戒告

į§ãŽãƒ–ãƒ­ã‚°č¨˜äē‹ã‚’čĒ­ã‚“で頂ければお分かりだと思いぞすが、į´°ã‹ã„äē‹åŽŸã‚’æ‹žãŖãĻ分析しãĻいぞす。 そぎようãĒåŧč­ˇåŖĢäŧšã‹ã‚‰æ‡˛æˆ’を受けãĻしぞãŖたåŧč­ˇåŖĢは、大きãĒį¤žäŧšįš„åˆļčŖã‚’受けぞすが、はたしãĻčģĸčˇã¯ã§ãã‚‹ãŽã§ã—ã‚‡ã†ã‹ã€‚ æ‡˛æˆ’å‡Ļ分4į¨ŽéĄžâ€ĸ ãžãŸã€æ‡˛æˆ’å‡Ļ分がåšŗį­‰ãĢčĄŒã‚ã‚Œã‚‹ãŸã‚ãĢ、標æē–įš„ãĒå‡Ļ分åŸēæē–を厚めãĻいるぎが一čˆŦįš„です。

14