し な ず が わ げん や 鬼。 【鬼滅の刃】不死川玄弥(しなずがわげんや)が呼吸を使えない理由と鬼化の謎

鬼 ず わ な や し げん が

水の呼吸は資質的に合っていないことから極めることが叶わず、伝承したヒノカミ神楽も技の威力に身体がついていかない。 絶望的な状況の中で最後の力を振り絞ります。

8
鬼 ず わ な や し げん が

「上弦の陸」、その正体は鬼の命を共有する兄妹鬼だった。

19
鬼 ず わ な や し げん が

額左側の痕と、日輪が描かれた花札風の耳飾りが特徴的。 柱合裁判後、炭治郎の心意気に一人感ずる様子も見せ 、後に再会した時には継子に勧誘する。 蜂牙ノ舞 真靡き(ほうがのまい まなびき) 相手に不意打ちをかけて一突きする技。

14
鬼 ず わ な や し げん が

妓夫太郎との戦闘では藤の毒を塗ったクナイでサポートを行った。 1撃目より2撃目の、2撃目より3撃目の威力が上がっていくため、事実上水の型で最強の技。 担当の刀鍛冶は鉄井戸、後に鉄穴森鋼蔵。

7
鬼 ず わ な や し げん が

また珠世は最初の二年間の睡眠中に、禰󠄀豆子の鬼としての性質が変質したと推測している。 糸が張った瞬間にそのまま引かれるイメージで剣を斬り込む。 また累との戦闘時に死んだ母親と深層意識で出会ったことがきっかけで、血が燃えて爆ぜる血鬼術「 爆血(ばっけつ)」が開花する。

16
鬼 ず わ な や し げん が

打ち潮・乱(うちしお・らん) 空中戦などに用いる、全方位対応の応用技。

2