尊 に しんにょう 読み方。 「遵守(じゅんしゅ)」と「遵守(そんしゅ)」の違いと読み方

に 読み方 尊 しんにょう

<尊いの使い方> 主に神、仏、命、平和などに対して大切にすべきものという意味で使われます。 しかし、その読み方となると、意外にあやふやという人も多いのではないでしょうか。

11
に 読み方 尊 しんにょう

どちらもきまりに従い守るという意味は同じなので、使い方をあまり心配する必要はありませんが、尊重の気持ちをプラスする時には「尊守」と覚えおくとよいでしょう。

17
に 読み方 尊 しんにょう

これまで「そんしゅ」と読んでいた人は是非参考にしてみてください。 産卵期に腹が赤くなったから 「鱒」という漢字は、中国において「赤い目の魚」という意味で用いられており、マスとは違う魚を表していました。 神や仏。

2
に 読み方 尊 しんにょう

日本神話に登場する英雄「日本武尊(ヤマトタケルノミコト)」にも「尊」の字が使われています。

6
に 読み方 尊 しんにょう

返事が少し遅れるかもしれないです。

に 読み方 尊 しんにょう

「尊ぶ」と「貴ぶ」の違いは? 「尊ぶ」は大切なもの「貴ぶ」は価値があるもの 「尊ぶ」と「貴ぶ」は読み方も意味もほぼ同じです。

18
に 読み方 尊 しんにょう

漢字「尊」の意味 地位・身分が高い。 「至尊・世尊・釈尊・尊意・尊顔・尊公・尊像・尊台・尊堂・尊父・尊名」• 二宮金次郎の名で広く知られている。 また、「法律等を尊重する」という意味合いも、「遵」と「尊」を混同する原因になっていると思われます。

に 読み方 尊 しんにょう

ちなみに「尊ぶ」は「たふとぶ」が促音化され「とうとぶ」に変化した背景があり、言葉自体が誕生したの中世以後と言われています。 君・父・師。

7
に 読み方 尊 しんにょう

そのようなわけで、公用文や教科書では「遵守」「遵法」、新聞や放送では「順守」「順法」といった不統一が、半世紀も続いているということです。

2