クラビット。 レボフロキサシン

クラビット

副作用 主な副作用は、吐き気、胃痛、下痢などがあげられます。 細菌が原因のいろいろな病気に用います。 (特定の背景を有する患者に関する注意) (合併症・既往歴等のある患者) 9. クラビットの服用後に痙攣が認められた場合、使用を中止して処置を受けます。

5
クラビット

重症化しないように早期に発見し、早期に治療をすることが重要です。 第一三共株式会社• ・授乳婦への使用 クラビット点眼液は、授乳婦の人へ問題なく使用できると考えられています。 グラム陽性菌や陰性菌をはじめ、クラミジアやマイコプラズマ、レジオネラという細菌にも有効です。

5
クラビット

<クラビット点滴静注> クラビットには錠剤や粉薬、目薬に加えて注射もあります。 1.13. 錯乱(頻度不明)、せん妄(頻度不明)、抑うつ等の精神症状(頻度不明)。 チフスに対してクラビットを用いるときは、1日1回クラビット500mgを14日間連続して使用します。

12
クラビット

セフェム系やペニシリン系では効果が期待しくいときに使用する。 耐性菌は「同じ薬を漫然と投与し続ける状況」で発生・増殖しやすくなります。

クラビット

クラビットの後発品 クラビットの錠剤や点眼液、細粒には後発医薬品(ジェネリック医薬品)が存在します。 耐性菌を発現させないために、クラビットの使用は治療に 必要な最低限の期間に収めます。

20
クラビット

1.9. 偽膜性大腸炎等の血便を伴う重篤な大腸炎(頻度不明):腹痛、頻回の下痢等が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。 クラビットを購入する方法は、 ・病院での処方。 錯乱 頻度不明 、せん妄 頻度不明 、抑うつ等の精神症状 頻度不明。

16
クラビット

このような特徴により、高用量を1日1回服用することで体内に存在する細菌を排除し、感染症を改善させる薬がクラビット(一般名:レボフロキサシン)です。

1