雑 説 現代 語 訳。 韓愈 「雑説」 現代語訳

現代 語 説 訳 雑

安求其能千里也。 馬之千里者、一食或尽粟一石。 千里の馬は常に有れども、伯楽は常には有らず。

11
現代 語 説 訳 雑

文中にあって、上の語句をやわらかく示して下の語句を起こす。 同格 2 「一石」の量を確認する。

現代 語 説 訳 雑

縁あれば連れ添い、なくなれば別れることもあります。 この馬に千里の能力があったとしても、食を十分に得なければ力が足らず、才能の立派さが外には現れない。 そのゆえは、一切の有情は皆もって世々生々の父母兄弟なり。

18
現代 語 説 訳 雑

而 伯 楽 1 不 常 有。 1日で千里もの距離を走る馬は、ときには一度の食事で粟一石を食べることもある。

4
現代 語 説 訳 雑

よって名馬がいたとしても(それを見抜ける人がいないために)ただの奴隷人の手によって粗末に扱われ、 ほかの駄馬と一緒に首を並べて死んでいき、千里を走る名馬と誉められることがなく終わってしまうのである。

現代 語 説 訳 雑

安(いづ)くんぞ其の能の千里なるを求めんや。 馬丁などの使用人。

13
現代 語 説 訳 雑

仏教は後生の一大事を知るところから始まり、後生の一大事の解決で終わると言われるように、後生の一大事が分からなければ、仏教は何十年聞いても分かるものではありません。

10
現代 語 説 訳 雑

(領解文) このように、領解文は、4つの文章からなっています。 」と言う。

7