ウーブン シティ。 豊田章男、ついに「ウーブン・シティ」に私財を投じる。その腹の内は

シティ ウーブン

やはり、トヨタの開発拠点はガードが堅いようです。

9
シティ ウーブン

具体的には、スピードが速い車両専用の道として、「e-Palette」(東京モーターショー2019で発表)など完全自動運転かつゼロエミッションのモビリティのみが走行する道、歩行者とスピードが遅いパーソナルモビリティが共存するプロムナードのような道、歩行者専用の公園内歩道のような道。 妄想が止まらない。 そして気になる近未来都市「Woven City」は誰もが住めるのか? という疑問ですが、残念ながら今の段階では「トヨタ関連の従業員やプロジェクト関連」の2000人位が対象のようです。

シティ ウーブン

天皇陛下の即位パレードでも使われたトヨタの最高級車「センチュリー」も1967年の発売以来、ずっとこの工場だけで作られてきました。

20
シティ ウーブン

ウーブンシティは、2021年初頭から段階的に着工する計画です。

7
シティ ウーブン

自動運転、MaaS、ロボット、AIなど、最新の技術を盛り込んだ実証都市は、いったいどんな姿になるのか。

17
シティ ウーブン

トヨタは、この地域をどのように開発していくつもりなのでしょう。

18
シティ ウーブン

販売については、欧州が前年同期比1. そして今、私たちの技術を使って、新しい種類の街を、そして人生を楽しむ新しい方法を織りなそうとしています。 建物は主にカーボンニュートラルな木で作られ、日本の伝統的な木の建具とロボットによる新しい生産方法を組み合わせて作られます。 トヨタ従業員が通勤に使う車をとめる駐車場や、住む人が減った社宅もたくさんあるので、工場跡地を中心とした再開発の余地はたくさんありそうです。

5