シミ 取り レーザー 後。 シミのレーザー治療後のテープはいつまで必要?使い方を徹底解説!

取り 後 シミ レーザー

マスクをすれば、全部隠れると思っていましたが、 若干上の方からテープが見えていました。 保護テープと軟膏の使用方法 東京美容外科でシミのレーザー治療( YAGレーザー(施術方法:アブレーション))を受けた場合、 ゲルナート軟膏・マイクロポア(保護テープ)の2種類の薬が処方され、看護師から自宅でのケア方法を伝えられます。

13
取り 後 シミ レーザー

これは、 仕方ない過程なのかしら? 10日目 シミとイボは取れたんでしょうけど、 なんだかスッキリしない状態です。 面倒な方は、医師との相談の上で薬局や通販でも購入可能なキズパワーパッドを使用される事をお勧めします。

取り 後 シミ レーザー

キズパワーパッドを剥がした後、しばらく塗り続ける。

11
取り 後 シミ レーザー

仕事など、どうしても必要な外出の際には、 必ず日焼け止めを塗るようにしましょう。 このテープは、剥がれない限りずっと貼りっぱなしでOK。 また一時的に色素沈着を起こす事がありますが、3~6ヶ月程度で改善するそうです。

取り 後 シミ レーザー

ただし、レーザーを当てた範囲がわずかであったり、治療方法やクリニックの方針で、絆創膏を貼らないこともあるそうです。 レーザー治療で見逃すことができない、Post Inflammatory hyperpigmentation 略してPIH問題 レーザー治療の症例数を多く経験してきた当院も術後のアフターケアをいかに簡単にするか、について論議を医師間で進めてまいりました。 実際問題としてPIT 炎症後色素沈着)は時間と共に自然消滅するのですが、患者さんとしてはせっかく治療したシミが再発した。

18
取り 後 シミ レーザー

Qスイッチヤグレーザーは、シミ・ほくろ・そばかす・あざなどの 幅広い色素性病変治療に使用されてます。