レッドブル ホンダ。 レッドブル・ホンダが2、3番手 フリー走行1回目/サキールGP

ホンダ レッドブル

ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)/1分29秒551 7. しかし、ルノー製パワーユニットの戦闘力および信頼性の低さが露呈したことで前年までの勢いは一気に失われ、対照的に戦闘力を向上させたメルセデスの後塵を拝することとなった。 この件を巡るチームの対応をきっかけにドライバー間の緊張状態が目立つようになり 、それが表れたのが第10戦である。

ホンダ レッドブル

リザーブドライバーには、テストドライバーのアマミューラー、ドーンボス、を、各レース毎に変則起用した。 これで2位のスポットが空いた。 レッドブルとして初レースとなったアルボンは、PU交換ペナルティにより後方スタートながらも5位入賞と幸先の良いスタートを切った。

18
ホンダ レッドブル

ガードレールの修復を終え、約1時間20分の中断後にレースは再開された。 「レギュレーションの枠にとらわれない、地上最速のレーシングカー」を実現するため、が空力システムについて全面的にアイディア を出している。

9
ホンダ レッドブル

:・シナジー• リザーブドライバーにはを起用する予定だったが、が発給されなかったため、第2戦までは2008年いっぱいで引退したクルサードが登録される。 また、F1トルコGPでは、ウェイストゲートエキゾーストの新しい配置が導入され、週末を通して両方のドライバーが継続して使用した。 メルセデスAMGは月曜深夜から急遽ジョージ・ラッセルをウイリアムズから呼び戻し、今週末のサヒールGPに代役起用することを決めた。

8
ホンダ レッドブル

ただし近年ではジュニアの切りすぎによる若手ドライバーが不足していると懸念の声も上がっており、はトロ・ロッソにかつて解雇したを再度起用、またレッドブルで走りながらトロ・ロッソに降格した後、不振が続き2017年に解雇されたや、更に2012年にジュニアプログラムから外されたも、それぞれ2019年からトロ・ロッソに起用している。

16
ホンダ レッドブル

また、第12戦ではタイヤ戦略によりハミルトンの逆転勝利を許したものの、フェルスタッペンが自身初、チームとしては今季初、そしてF1の歴史上100人目のを獲得。 2000年にホンダがF1に復帰するまで参戦していた。 フェラーリは、F1エンジン凍結へのスタンスを変え、2022年からの開発凍結への支持を表明。

2
ホンダ レッドブル

フリー走行2回目は序盤、来季用のテストタイヤを履いて走行するマシンが多かったが、その使用義務周回数が終わると各車ミディアムタイヤを履いてアタック。

ホンダ レッドブル

なお「The RED BULLETIN」は、からレッドブルがスポンサードするスポーツ活動全般をカバーする広報誌としてリニューアルされており、F1のパドックでの発行は2008年シーズンで終了した。

10