エリザベス 1 世。 優れた女性リーダーエリザベス1世の名言3選

1 世 エリザベス

。 1618年のことでした。 つまり彼との結婚は取りやめにしたのである。

2
1 世 エリザベス

その後父であるヘンリー8世がジェーン・シーモア再々婚し、異母姉メアリーと共に 庶子という身分に落とされてしまいます。 という遺言状や、1586年5月末にも、当時パリにいたフェリペ2世の臣下のメンドーサに宛てて 息子のジェームズが自分の死ぬ日までにカトリックにならない場合、自分はイングランドの王位継承権をフェリペ2世に委託する。 このとき、エリザベスはまだ2才半で、成長するとともに、母を死に追いやった非道な父ヘンリーを憎むことになる。

11
1 世 エリザベス

関連する記事• そして、エリザベスを産んだ後、アンは男児を妊娠しましたが流産してしまいます。

1 世 エリザベス

それは世界貿易を独占してあらゆる利益を独り占めしようとするスペインの横暴であった。

19
1 世 エリザベス

ロンドン市民は1ヶ月のあいだ喪に服して、古き良き時代が去ったとして女王の死を心から悼んだという。 アンは王妃の通例と異なり、妊娠中にを戴冠している。

18
1 世 エリザベス

1558年から 1603年までの 1世 女王在位中の。 例えば、旧敵であったスペインが和平を求めてきたことがあった。 エリザベス1世は、当初、メアリを死刑にすべしという周囲の意見に賛成しませんでした。

1 世 エリザベス

侍女のジェーン・シーモアと結婚したヘンリーだが、ついに念願の男の子ができた。 ウェブスターら。 無敵艦隊の撃退はエリザベスとプロテスタント・イングランドにとって強力な宣伝となる勝利であった。