上 信 電鉄。 上信電鉄へ渡った元JR東日本107系がJRカラーに…12月15日に特別臨時列車

電鉄 上 信

・電化直前の1920年(大正10年)には貨車が100両、客車が24両在籍した。 車軸配置はB。 上州富岡 - 下仁田間を1067mmに改軌・電化。

3
電鉄 上 信

柴田重利「上信電気鉄道」『私鉄車両めぐり特輯 1』鉄道図書刊行会、1977年• (10年) 上信電気鉄道に改称(改称届出は )• サハ10形• 106-111• 従来の快速に加え急行および準急の運転開始。 (28年)に上野鉄道(こうずけてつどう)として設立され、(明治30年)に開業し、同年中に高崎 - 下仁田間が全通した。 電化区間:全線(1500V)• - 鉄道ファン・railf. また、県内他社と異なり他社からの譲受車を導入していない。

10
電鉄 上 信

2s linear;-moz-transition:all. 『新編高崎市史 通史4』2004年、675-676頁• 詳細は以下の通り。 台車は製で軸箱支持がの式台車FS395Aを装備する。 2019年全廃。

電鉄 上 信

制御段数は22段(直列11段・並列8段・弱め界磁3段)である。 (28年) 上野鉄道 設立• (大正15年) 根小屋駅開業。 この新規事業が好調であったことから1929年(昭和4年)に、、 に配電していた南牧電気、1930年(昭和5年)には北甘楽郡に配電していた羽沢発電を買収し、北甘楽郡の電燈事業へ進出した。

17
電鉄 上 信

(昭和24年)11月 閉塞方式を票券閉塞から通票閉塞に変更。 茂木銀行高崎支店支配人。

17
電鉄 上 信

当初富岡に変電所を設置して室田発電所からの送電により運用しようとしていたが、万一の時に不安が残るためその電力を東京電燈に卸売りし、必要な電力は東京電燈より購入する方式に変更し、変電所は福島に設けられた。

13
電鉄 上 信

6号機• (平成4年) 急行廃止。 同駅は、現在は1面1線の形態だが、かつてはの施設が存在し、から八高線経由の貨物列車が多数発着していたため 旅客用ホームに接する本線に並行して貨物側線を設けた1面2線の形態であった。

13
電鉄 上 信

上州福島駅は、高崎 - 下仁田間のほぼ中間に位置し、駅周辺にはの工場などが立地する。

18